「土地や家を売る」手続きは難しい?売却に関する手順と流れについて

土地や家を売る時に手続きはどうすればいいのか?気になる所かと思いますので簡単に大まかな流れを説明しておきます。

土地や家を売る際の流れ

  • ①不動産会社に査定を依頼する→複数の業者に依頼!
  • ②どの業者に仲介を依頼するかを決める
  • ③不動産会社と媒介契約を結ぶ
  • ④売り出しを開始する
  • ⑤内覧する
  • ⑥売買契約をする
  • ⑦引渡し

簡単に説明していくと

①土地や家を売るなら、まず査定を不動産会社に依頼→複数の業者に依頼!

まずは不動産会社に査定を依頼して、自分の家がいくらくらいで売れるのかをプロの目で査定してもらい確認します。まだ査定の段階では特に必要な書類はありませんが、不動産会社に相談に行く場合は、一応、登記簿謄本、売買契約書、図面、土地測量図 等を用意しておくと無難です。

家を売る 査定を不動産会社に依頼して、査定所が届いたら、その査定価格を元に今後売却を行っていくことになるのですが、1社だけの査定では、その業者が信用できるか?査定額は妥当なのか?わかりずらいため、最低でも3社以上は査定依頼する事が常識となっています。ただし、業者に相談にいくのに、何社も回っていては時間もかかりますので、不動産一括査定サイトなどを利用して複数会社に査定依頼すると便利です。

②どの業者に仲介を依頼するかを決める!高値で家を売るなら最も重視する手順!

複数の査定業者の査定額を集めたら、その価格を元に、どの会社に仲介を依頼するかを決定します。もちろん納得いく業者がなかった場合はさらに探しても良いと思います。基本的には査定額が一番高い業者に仲介を依頼しますが、査定額があきらかに他の業者よりも高い場合は注意した方が良いでしょう。

査定額もそうですが、家を高く売るには仲介業者選定が最も重要で、価格だけでなく業者の販売戦略、これまでの実績、どのような売却活動を行って来たのか、など確認した上で依頼する業者を決める必要があります。

③不動産会社と媒介契約を結ぶ

どの不動産会社に依頼するかを決めたら、次は、媒介契約を結んで仲介を依頼する事になりますが、契約の種類があって一般媒介契約、専任媒介契約、専属専任契約と3書類ありますが、多くの場合、専任媒介契約を締結しているようです。

④売り出しを開始する

先程の物件の書類を使って、売却用の物件資料などを作成してくれて、売り出しを開始します。この物件資料で買い手となる方を見つけていくことになります。また、不動産会社に集まる購入検討者に物件を紹介したり、大手のポータルサイトに広告を掲載したり、自社サイトに広告を掲載したり、新聞などの折込チラシなどで販促活動をし、買主を探していきます。

⑤内覧希望者があつまる

販促活動の結果、不動産を気に入った方、気になる方から内覧の申込みを受け、実際に売却物件を見ることになります。全く見ずに買う人は少ないため、必ず内覧があると考えてください。希望者に実際に内覧してもらい気に入ってもらえたら、価格交渉などありますが、売主・買主とで話しがまとまれば売却する流れとなります。

⑥売買契約をする

価格交渉などで折り合いが付けば、売買契約の締結をする事になります。契約時は、売主、売主の仲介業者、買主、買主の仲介業者が揃っての契約となります。ここで手付け金として売却額の2割くらいを支払ってもらうことになります。

一つ豆知識を!
実はこの契約の際に、買主側の仲介業者がいなかった場合、あなたが依頼した売主側の仲介業者が買主の仲介も担当しています。

要は両手仲介と言って、売主と買主の両方から仲介手数料をもらっていることになります。実は、この両手仲介はアメリカでは禁止されている地域があるなど、日本でも問題になっています。

必ずしも悪い事ではありませんが、可能性として、売主の要望よりも買主の要望を聞いて売却している可能性があり、売主の高値売却を追及しきれていない事があったりします。→少し低い価格で売却...

両手仲介をされたくない!なるべく高値で売りたい方で、1都3県(東京、神奈川、埼玉、千葉)の家を売却予定の方は、両手仲介を原則禁止し、売主の高値での売却を100%追及してくれるソニー不動産を候補の一つとして考えてください。

⑦引渡し

売買契約後、残りの金額を振り込まれ、契約書で決めた引渡し日までに買主に引渡しする事になります。

家を売る際はこのような流れで行うことになるので、予め頭に入れておくと、期間を逆算して、どの位から準備した方が良いのかなど決める事ができます。

必要書類について~家を売る為の手続き等難しい事は営業マンが教えてくれる。

上述したように、登記簿謄本、売買契約書、図面、土地測量図などは査定の際には特に必要ありませんが、不動産会社と媒介契約を結んで、物件資料を作る際などに必要となります。

また、契約、引渡し時に必要な書類として、登記済権利証又は登記識別情報、固定資産税の評価証明書、固定資産税納税通知書、実印、印鑑証明、境界確認書、建築確認済証、建築設計図書・工事記録書等などが必要となります。

一戸建てやマンション、土地など、売却する不動産によって微妙に異なってきますが、後から必要な書類については、媒介契約を結んだ不動産会社の営業担当者が教えてくれるはずなので心配する必要はありません。